多くの男性を悩ませる…、薄毛の原因とは?

いつの世も多くの男性を悩ませている…、「薄毛」の問題。

やはりふさふさとした頭髪は男性にとって若さの象徴であり、ちょっと薄くなった程度でも「老けたかも?」という印章を与えるものです。

ところで、男性が薄毛になる原因にはいろいろな要因が考えられます。

遺伝、ストレス、アレルギー、生活習慣、そして男性ホルモンの影響等などです。

成人以降の男性に増えてくる「ジヒドロテストステロン(DHT)」という男性ホルモンは、そのものずばり髪の毛が成長する期間を短くする働きがあります…。

このホルモンの影響で髪の毛が伸びきる前に抜け落ち、その結果として薄毛が進行するのです。

この男性ホルモンの影響を原因とする薄毛を「AGA」といいます。

そしてテストステロンというホルモンをDHTに変化させるのが5αリアクターぜという酵素なのですが、この酵素の分泌量は、実は両親からの遺伝で決まります…。

つまりは薄毛は遺伝もするわけです…。

こういったホルモンや遺伝以外にも薄毛の原因はあります。

例えば「ストレス」。

現代社会はストレス社会とも言われているくらいですから、ストレスにさらされることで薄毛が進行するケースも少なくありません。

ストレスは血管を収縮させるので、その結果髪に栄養が行き渡らなくなります。

髪が栄養不足になれば…、やっぱり薄毛は進行してしまうのです。

他にも食生活や生活習慣、アレルギー等も薄毛の原因になります。

薄毛の改善を試みる際には、そもそも自分の薄毛の原因は何なのか?

その点をよく理解しなければ効果的な対策を取ることは出来ませんので注意しましょう。

≪気にしすぎて悪化する薄毛≫http://www.excite.co.jp/News/bit/E1397017298913.html